租税教室 松戸市立第四中学校 令和元年7月12日(金)

松戸市立第四中学校で租税教室を行いました。今年も、90分と二コマぶっ通しの租税教室。
昨年は猛暑のため、途中でドクターストップがかかるなど大変でしたが、今年は幸いにも暑さが昨年ほどでなく最後まで行うことが出来ました。
長時間の講義なので、生徒をいかに飽きさせないようにするかが最大の課題で、そのためのレジュメや税金クイズを作り事前配布した結果、それが功を奏したのか最後まで熱心に話を聞いてくれました。
最後の質問コーナーでは一般会計以外の特別会計について教えてなどとビックリするような質問も出るなど、最終的に時間オーバーとなりましたが、講師冥利に尽きる一日でした。
(瀧澤富夫 会員記)

租税教室 千葉県流山市立おおたかの森中学校 令和元年7月12日(金)

おおたかの森中学校は、創立5年目、小中併設校です。校舎はとても斬新で、オープン方式の教室を採用した小中学校のほか地域交流センターやこども図書館もある複合施設になっています。
設備が充実したランチルームで、中学3年生144名を対象に、「租税教室」を実施しました。期末試験も終わり、夏休み直前で、ほっと気が抜けてしまう時期ですが、夏休みの課題に「税の作文」があるため、熱心の授業をきいてくれました。消費税の税率10%への関心も高く活発な発言もたくさんあり、私も楽しく授業を行うことができました。45分間という短い時間でしたが、中学3年生の心にとどまること少しでもあれば、幸いです。
また、教務の先生、社会科の先生には、会場の設営等をはじめ、ご丁寧な対応に感謝いたします。
(荒木智恵子 会員記)

租税教室 流山市立東深井中学校 令和元年7月10日(水)

同校3年生(154人)を対象に中学生のための租税教室を実施しました。
税金の話は、とかく堅苦しい話になりがちなので、なるべくかみ砕いて説明をしてきました。
折しも、参議院選挙の選挙の真っ最中であり、民主主義や租税法律主義のさわりを説明することが出来ました。
講義は、パワーポイントで行いますが事件が起きました。
スクリーンにスライドを表示出来ましたが、手元のパソコンに「発表者ツール」を表示出来ない(表示のしかたが分からない)。
この発表者ツールには、重要なコメントやタイムスケジュールが記入されていますが、これらを見られない。困った。
準備不足を反省しつつ、手探り状態で講義を行い、何とか無事に終了することが出来ました。
(寒河江孝 会員記)

租税教室 松戸市立小金北中学校 令和元年6月26日(水)

小金北中学校3年生(136人)を対象に租税教室を実施しました。
生徒さんは少し難しいかなと思うことを熱心に聞いてくれました。
担当の先生からも「公民の授業がまだ始まっていませんが、その前触れみたいになりました。」と、コメントを頂きました。
今回、会場は多目的ホールでとてもいい環境でした。
(境田直志 会員記)

租税教室 松戸市立第二中学校 令和元年6月24日(月)

松戸二中の3年生を対象に租税教室を行いました。(6クラス約200人) 私自身は初の租税教室だったので、少々の不安を抱えながら本番を迎えましたが、結果的には、予想以上に生徒さんたちの反応も良く、楽しい時間を共有出来ました。
ただ1点、パソコンのトラブルがあった関係で、最後の方は駆け足となってしまいました。二中の皆さんごめんなさい。
3年生ということもあり、あえて難しい「国民主権」などの話もさせてもらいましたが、クイズ形式の参加型にしたことで、少しは税について理解を深め、関心を持ってもらえたのではないかと思っています。
(竹田桂介 会員記)

租税教室 千葉県松戸市古ヶ崎中学校 令和元年6月10日(月)

古ヶ崎中学校で、中学3年生139名を対象に、「租税教室」を実施しました。
中学校の社会科の授業では、租税を含む公民分野は、中学3年生の2学期より学習をスタートするそうです。まだ、この時期、中学3年生の1学期に行われる「租税教室」では、学習をしていない分野ですが、はじめてきく言葉にも、熱心に、また、メモを一生懸命にとりながら、聞いてくれました。
消費税や、国の財政赤字などへの関心もあり、真剣な発言もたくさんでました。明るく元気で、そして、これからの日本を担う若い力に、少しでもお役にたてていれば、幸いです。お世話になりました。
(荒木智恵子 会員記)

租税教室 鎌ヶ谷市立第三中学校 令和元年6月3日(火)

鎌ケ谷市立第三中学校は、周りを緑に囲まれ静かな環境の中にある学校です。
ここの三年生139名を前に約50分の租税教室を行いました。
授業の前半に余計なことを話しすぎて、後半はやや尻切れトンボになってしまったようです。
税金の必要性や累進課税、そして日本の抱えている財政の問題点等を正しく伝えることが出来たものかいささか心配です。

最後に、孫のような生徒代表から、丁寧なお礼の言葉を頂きそれまでの疲れも一挙に吹き飛んでしまいました。

(寒河江孝 会員記)

新入会員懇談会が行われました。 令和元年5月16日(木)

5月16日(木)、定例会の後に新入会員懇談会が行われました。
松戸支部では、支部入会後2年未満の会員に対し、支部への積極的参加を促すことを目的として、年に数回、新入会員懇談会を開催しています。
各部、同好会などの説明後、懇親会が行われ、会員間での親睦が深まるきっかけとなりました。