7月度定例会が開催されました。平成30年7月25日

平成30年7月25日、幹事会、定例会が行われました。
幹事会後に、当支部の上部組織である千葉県税理士会の役員との協議会も行われました。
千葉県税理士会における会務報告の後、活発な意見交換が取り交わされました。

また、午後には例会のほか、人事異動後の松戸税務署署長はじめ新幹部の皆様との、連絡協議会が行われました。

租税教室を開催しました。 平成30年7月13日金曜日

7月13日(金)に、松戸市立第四中学校と松戸市立新松戸南中学校において、3年生を対象に租税教室を開催しました。
蒸し暑い体育館での実施にもかかわらず、日頃馴染みのない税金の話に真剣に耳を傾け、質問にも活発に答え、クイズにも参加していただきました。時間が短い中でも、消費税の増税・軽減税率に対する質問が多くあり、増税に対する興味の深さがうかがえました。生徒のみなさん、作文の宿題も頑張ってください。

それぞれの中学校のHPでも、今回の租税教室の様子を紹介していますので、是非ご覧ください。

平成30年7月11日 勉強会が行われました

平成30年7月11日(水)、恒例の勉強会が支部事務局にて行われました。
参加人数は24名でした。
内容は以下のとおりです。
・税務を考慮した代償分割・換価分割の選択判断について
・被相続人の長男が先に死亡している場合の相続税計算上の法定相続人の数
・契約者と被保険者及び受取人が異なる個人年金保険契約の満期時に贈与税の課税関係
・廃業して小規模企業共済の共済金を受け取る場合の課税関係
・相続税の税務代理権限証書で、固定資産評価証明書を取得することについて

平成30年7月7日 三士会

平成30年7月7日、三士会が行われました。
三士会とは「弁護士」「司法書士」「税理士」のいわゆる「三士業」によるそれぞれの分野に対応する無料相談会です。
予約制での実施で、多くの相談者の方が来訪されました。

その後の懇親会では、有意義な情報交換がなされました。
また、三士業間の親睦も深まりました。

勉強会が開催されました

平成30年6月13日、税理士会松戸支部事務局にて定例の勉強会が開催されました。
25人の会員の参加でした。
テーマは以下のとおりです。
・収益認識基準による場合の取扱いについて
・措置法の税額控除、特別償却を重ねて受けることができる特例について
・人格のない社団等の法人税の申告について
・民泊の所得区分について
・相続財産の所在について

平成30年6月8日(金)日本閣柏において第62回定期総会が行われました。

平成30年6月8日(金)日本閣柏において第62回定期総会が行われました。
多くの会員の出席のもと、活発な質疑応答を経て、4つの議案が承認可決されました。
第二部では、支部慶弔規定に基づき、米寿を迎えた会員、千葉県税理士会で25年を迎えた会員、日本税理士会連合会への登録30年を迎えた会員に、支部からのお祝いの贈呈をいたしました。来賓の方からの祝辞をいただき、総会は無事終了いたしました。


その後の懇親会では、多くの来賓の方をお迎えし、参加者一同、有意義な情報交換の場となりました。

 

弁護士会との勉強会

5月17日木曜日、弁護士会との勉強会を「弁護士会会議室」にて行いました。
総勢30人を超える勉強会で活発な議論が展開されました。

主な内容は以下のとおりです。
・契約書作成時の留意点
・出国の際(非居住者)に関する税務上の留意点

新入会員懇談会

平成30年5月10日、定例会の後に新入会員懇談会が行われました。
松戸支部では、松戸支部入会後2年以内の会員に対し、支部への積極的参加を促すことを目的として、年に数回、新入会員懇談会を実施しております。

各部、同好会などの説明後、懇親会が行われました。会員間での親睦が深まるきっかけとなりました。

5月度定例会

平成30年5月10日、松戸商工会館にて、定例会が行われました。
突然の雷雨の中でしたが、会員に向けて各種報告がなされました。その後の研修会も行われました。

研修テーマは「保険税務を巡る重要論点ー保険税務を巡る誤解と脆弱性ー」でした。
この日は、近隣の柏支部、市川支部、船橋支部の会員も参加し、大盛況の研修会でした.